財団法人日本地図センター
普及啓発・教育支援

地図地理検定について

地図地理検定は、地図や地理の知識を豊かにし、地図を楽しく読み・使う力を養うために、一般財団法人日本地図センターと公益財団法人国土地理協会が共同で実施する検定です。

受検資格の制限はなく、どなたでも受検できます。皆様のチャレンジをお待ちしております。

  • 地図や地理の学習を志す方に最適です。
  • 地図や地理に関するあなたの知識・レベルが判定できます。
  • 趣味や教育、業務で地図を利用されている方には、新たな発見が可能です。

リーフレット請求・地図地理検定への問い合わせ


まで、メールでお問合せください。

リーフレット請求希望の方は、住所・郵便番号・お名前等を明記してください。(ご登録いただきました個人情報は、地図地理検定の案内のみに使用させていただきます。)

出題分野

地図地理検定(基礎)/(専門)共通

◆高等学校で「地理総合」「地理探究」が開始されるのにともない、地図地理検定の分野を見直しました。

◎地図・地理に関する全般的な事柄(具体的には以下のような分野)

  • 地図(地形図、地理院地図、主題図、空中写真等)
  • 自然環境(地形、気候、水文、植生、防災、地球的課題等)
  • 社会文化環境(資源、産業、交通・通信、観光、人口、都市・村落、生活文化、民族・宗教、生活圏の諸課題等)
  • 世界や日本の地理
  • その他(地理情報システム、地域調査等)

※必ずしもすべての分野が毎回出題されるわけではありません。

難易度

地図地理検定(基礎)

地図・地理に関する基礎的な知識や技能を問う問題。

社会科および地理歴史科の教科書の内容、テレビ、新聞等でよく目にする出来事から択一式で出題。
小中高等学校学習指導要領、過去の大学入学共通テスト(大学入試センター試験を含む)、
地図地理検定過去問集新選100などを参考に出題。

地図地理検定(専門)

地図・地理に関する専門的な知識や技能、応用力を問う問題。

社会科および地理歴史科の教科書や各種白書に記載された内容、テレビ、新聞等で扱われた出来事について、地理的に考察する問題を択一式および記述式で出題。
高等学校学習指導要領、過去の大学入学共通テスト(大学入試センター試験を含む)、国公立大学個別学力検査(2次試験)などを参考に出題。

地図検定委員会

委員長

  • 今尾恵介
    一般財団法人日本地図センター客員研究員、地図地名エッセイスト

 委員

  • 卜部勝彦
    日本大学教授、元文部科学省初等中等教育局教科書調査官
  • 太田 弘
    元慶應義塾普通部教諭
  • 政春尋志
    元東洋大学理工学部教授、地図力博士
  • 横瀬 仁
    茨城県立高等学校教諭、元茨城県立竹園高等学校副校長

(委員名簿は、あいうえお順です。)

全国検定振興機構に加盟しています

地図地理検定は、全国検定振興機構に加盟しています。

全国検定振興機構

地図地理検定の自己評価を行いました

 

地図地理検定事務局

〒153-8522 東京都目黒区青葉台4-9-6
一般財団法人日本地図センター 地図研究所 文化事業部
TEL:03-3485-5417/FAX:03-3485-5593
電子メール:ken2@jmc.or.jp

ページの
先頭へ