財団法人日本地図センター
地図・空中写真の複製・頒布

空中写真の複製頒布

空中写真は、地図と違って省略がないため、地上の姿がそのままわかります。

さらに、古い時代の写真を利用することで、当時の状況を明らかにすることができます。

公共事業、環境保全、防災、その他の各種計画・調査ならびに学校教材や学術研究等に広く利用できます。

空中写真で見た国立競技場の変遷

空中写真についてもっと知りたい方は、こちらもご覧ください。

主な複製頒布している空中写真

モノクロ(白黒)空中写真

モノクロ空中写真は、戦時寺中の陸軍撮影のもの、終戦後1946~1948年に米軍によって全国撮影されたもの、1960年から国土地理院がほぼ全国を撮影したものをそろえています。

カラー空中写真

カラー空中写真は、モノクロ空中写真と比べて情報量が多く、市街地や農地の土地利用、植生や道路、建物など各施設の状態を、容易に判読することが可能です。1974年から1978年にかけて国土地理院により全国撮影が行われ、以降は経年変化の大きな地域について、順次再撮影が行われており、その全てを提供しています。

種別 撮影機関 撮影区域 撮影年次 縮尺(約) 枚数(約)
モノクロ 日本陸軍 一部地域 1936~1945 1/5,000~1/50,000 19,200
米軍 日本全国 1946~1948 1/40,000~1/50,000 76,000
主要都市 1946~1954 1/10,000~1/20,000 71,400
鉄道沿線
海岸線
Wide・沖縄 1944~1947 1/15,000~1/40,000 5,900
1962~1963
国土地理院 ほぼ国内全域 1960~2001 1/10,000 87,500
1/20,000 254,900
カラー 1/40,000・1/70,000 88,500
平地部 1974~2019 1/8,000~1/10,000 1,180,000
山地部 1/10,000~1/15,000
合計 1,783,400

※提供は受注生産で行います。

 


 

日本地図センターが販売している空中写真について、くわしくは、地図センターネットショッピングのページをご覧ください。

ページの
先頭へ