トップページ > 当財団の紹介 > 調査・研究

調査・研究

地理空間情報の作成・利用に関する学術・技術の向上を目指して、種々の自主研究を行っています。また蓄積された研究開発力、技術力を生かして、地理空間情報に係る施策を支援するため、国、地方公共団体、公益企業、法人等の調査研究業務等を受託しています。

 

自主研究成果の学術発表

2013年度

小堀昇ほか:米軍空中写真による建物疎開地域の特定,日本地理学会2014年春季学術大会

青山雅史:東北地方太平洋沖地震による内陸部における液状化発生率,日本地理学会2014年春季学術大会

佐藤浩・青山雅史:米軍空中写真を用いた尾鷲市南部の1944年東南海地震による津波痕跡の判読,日本地理学会2014年春季学術大会

田中圭:UAVの可能性―地域調査の有効なツールに成り得るか,日本地理学会2014年春季学術大会

 

受託業務

2013年度

 電子国土Webシステム普及のためのポータル運用業務 国土地理院

 測量成果等閲覧・謄抄本交付業務委託(関東等4件) 国土地理院

 地球地図推進に係る国際会議技術資料作成等の調整業務 国土地理院

 国際会議開催支援に伴う運営業務等(4件) 国土地理院

 治水地形分類図の更新に関する測量管理補助業務 国土地理院

 新仕様による2万5千分1地形図の表現等に関する調査 国土地理院

 新仕様による2万5千分1地形図の色表現に関する検証業務 国土地理院

 多色刷2万5千分1地形図の品質管理用カラーチャート及び印刷模範図作成 国土地理院

 避難所地図表現策定検討会運営支援業務 国土地理院

 地形図等の回収業務(3件) 国土地理院

 集団研修「国家測量事業計画・管理コース」 国際協力機構

 装飾古墳データベースサーバ維持管理業務等(3件) 九州国立博物館

 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立等(3件) 日本原子力研究開発機構

 道路愛称調査等(2件) 日本デジタル道路地図協会

ページトップへ戻る