トップページ > 地図・空中写真を学ぶ > 空中写真って何? > 空中写真印画焼及び同データ購入に当たっての注意

空中写真の出前講座
空中写真の基礎知識
空中写真の買い方(基本編)
空中写真の買い方(応用編)
空中写真の撮影状況
問い合わせ
一般財団法人日本地図センター
空中写真部
〒305-0821
茨城県つくば市春日3-1-8
TEL:029-851-6657
FAX:029-852-4532
Mail:shashin@jmc.or.jp


空中写真印画焼及び同データ購入に当たっての注意

空中写真印画焼及び同データ購入に当たっての注意

 空中写真印画焼及び同データ購入に当たっては、次の点についてご注意ください。

  1. モノクロ空中写真2倍引伸印画紙はこれまでのものより2㎝小さくなるため、一部の写真は計器部分の一部が欠落してしまいます。
    • これまで使用していた2倍伸印画紙のサイズは49.5×53㎝でしたが、この印画紙の生産が平成18年3月で中止されたため、入手できなくなりました。このため、これに替わるもので最もこれに近いものとして、49.5×51㎝の印画紙を使用することになりました。
    • この49.5×51㎝の印画紙では、一部の航空カメラで撮影された空中写真では計器の一部欠落してしまいますのでご注意ください。(例参照)
    • なお、これに該当するものは「モノクロ空中写真2倍引伸印画紙」のみで、他の規格の写真は従来どおりですので、計器等が欠落することはありません。
  2. 写真画像データは容量が大きいため、パソコンの機種やメモリ容量によっては表示されないことがあります。
    • 例えば、カラー10μm(2,540dpi)の写真では、1枚の写真のデータで約1.7GBあるため、一般のご家庭でお持ちのパソコンでは画像が表示されないことがあります。(他の解像度の写真でも、解像度により1枚で約70~800MBのデータ量となり、同様に表示されない場合があります。)
    • 例えば、カラー10μm(2,540dpi)の写真を開くのに必要なハードウェア及びソフトウェアは次のとおりです。
○ハードウェア
パソコン ; Pentium4 プロセッサー3.0GHz以上推奨
メモリ   ; 2GB以上推奨
ドライブ ; DVD-マルチドライブ 16×16
ハードディスク; HDD残容量が5GB以上あること
○ソフトウェアの例
画像観覧ソフトウェア; Photoshop CS 以上推奨
バージョン5.0・5.5・7.0では時々ディスクエラーが出ることがあることがわかっています。

※ 特にご注意ください
空中写真印画焼及び同データとも受注生産方式による商品の作成提供のため、商品自体の不具合・破損以外による返品は一切お受けすることができません。
特に画像データをご購入の場合は、上記のようにパソコンのメモリ不足やスペック等により画像が開かないなどの問題が発生することがありますが、このような場合も返品はお受けできませんのでご注意ください。
このため、ご注文の際は上記内容をご理解のうえ、お客様のご利用環境に合った商品をご注文いただきますよう、よろしくお願いいたします。


<参考> 環境設定で処理が速くなることがあります。
○ 環境設定で仮想ディスクを指定すると処理速度が速くなります。(同じC:ドライブ内で画像を処理しようとすると処理速度が遅い。)
例として、C:ドライブ → E:ドライブにする。
○ 環境設定でメモリ・画像キャッシュを開き、メモリ使用状況で使用中の画像ソフト(例えばPhotoshopなど)の最大使用メモリを80%以上に設定する。

ページトップへ戻る

地図のQ&A 空中写真のQ&A 数値地図のQ&A