トップページ > メール地図中心web版 > メール地図中心webバックナンバー

【メール地図中心】Vol.394 2017年4月28日
毎週金曜日発行の「メール地図中心」がウェブサイトでもご覧いただけるようになりました。
【目次】
■■5月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):30面
■ニュース:
★国立歴史民俗博物館「デジタルで楽しむ歴史資料」
★水戸芸術館現代美術ギャラリー「藤森照信展 ― 自然を生かした建築と路上観察」
★国立科学博物館「大英自然史博物館展」
★貨幣資料館 浮世絵展「広重・英泉 木曽街道六十九次の旅」:訂正再掲
■地図中心4月号:特集「ジオパーク&灯台総論」(4/10発行)
■月刊「地図中心」の文字が大きくなりました。
■お知らせ

【内容】
■5月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):30面
厚内,旭野,本幸,狩勝峠,鴛泊,留萌,大和田,増毛,美国,横津岳,桂沢,船引,磐城新宿,小南,湯野上,桐生,林,三河宮崎,岡崎,柴垣,杉津,万富,繁藤,土佐山田,佐川,大社,安蔵寺山,若宮,宇納間,高城
===
■ニュース:
★国立歴史民俗博物館「デジタルで楽しむ歴史資料」
https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/
 期間:~05/07(日) 9:30-17:00(休:5/7まで無)
 料金:一般:830円、高校生・大学生:450円、小・中学生:無料
 会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B(佐倉市城内町117,03-5777-8600)
---
★水戸芸術館現代美術ギャラリー「藤森照信展 ― 自然を生かした建築と路上観察」
http://www11.arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=458
 期間:~05/14(日) 9:30-18:00(休:毎月)
 入館:一般:800円、中学生以下・65歳以上:無料
 会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー(水戸市五軒町1-6-8,029-227-8111)
---
★国立科学博物館「大英自然史博物館展」
http://treasures2017.jp/
 期間:~06/11(日) 10:00-17:00(休:毎月)
 入場:一般・大学生:1600円、小・中・高校生:500円
 会場:国立科学博物館(台東区上野公園7-20,03-5777-8600)
---
★貨幣資料館 浮世絵展「広重・英泉 木曽街道六十九次の旅」:訂正再掲
http://www.bk.mufg.jp/csr/contribution/kids/gallery/hiroshige/special/index.html
 期間:~05/14(日) 9:00-16:00(休:毎月、祝)、入場:無料
 会場:貨幣資料館(名古屋市東区赤塚町25,052-933-5151)
===
■地図中心4月号:特集「ジオパーク&灯台総論」(4/10発行)
http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html
【特集 ジオパーク&灯台総論 目次】
◆目代邦康「ジオパークと灯台」
◆(公社)燈光会「灯台にのぼってみよう- のぼれる灯台15基-」
◆石川 智「本州最涯地 尻屋埼灯台」
◆仲田博史「銚子ジオパーク おすすめは灯台とジオの丸カジリ」
◆野口和典「本州最南端の歴史ある灯台」
◆平田正礼「灯台から見た隠岐ユネスコ世界ジオパーク」
◆白井孝明「室戸ユネスコ世界ジオパークと室戸岬灯台」
◆北海道地図(株)「ジオパークにおける地図情報の活用」
◆編集室「日本の灯台50選とのぼれる灯台15基」
===
■月刊「地図中心」の文字が大きくなりました。
文字を大きくする動きは、新聞などの活字メディアで広がっています。
月刊「地図中心」では、このような時代の流れに即するためにも、また、多方面からのご意見やご要望なども踏まえて、ひと回り大きくして、読みやすくいたしました。
本文において8%ほど、文字が大きくなっています。定期購読されている方は、お気づきになりましたでしょうか。
今後も月刊「地図中心」は、みなさまの目に優しく、分かりやすい誌面をめざします。
===☆
*内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
===☆
発行・編集・問合先:(一財)日本地図センター(毎金発行)
ホームページ:http://www.jmc.or.jp
E-Mail:mailmagazine@jmc.or.jp
「メール地図中心」のお申し込みはこちらから。

ページトップへ戻る