トップページ > メール地図中心web版 > メール地図中心webバックナンバー

【メール地図中心】Vol.385 2017年2月24日
毎週金曜日発行の「メール地図中心」がウェブサイトでもご覧いただけるようになりました。
【目次】
■地形図Tips:地形図の投影法
■ニュース:
★紙の博物館企画展「紙で旅するニッポン~九州・中国編~」
★埼玉県立文書館地図コーナー展示 絵図から地図へ「城下町の近代化 -忍・川越・岩槻-」
★千代田区立日比谷図書文化館特別研究室 企画展示「日本統治期台湾の都市景観 ~遺された『火災保険特殊地図』より~」
■地図中心2月号:特集「点の訪問記」(2/10発行)
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!「富岡」
■お知らせ

【内容】
■地形図Tips:地形図の投影法
「平成25年2万5千分1地形図図式」の第1章総則第3節地形図の規格第10条(投影法)に「地形図の投影法は、ユニバーサル横メルカトル図法とする。」とあります。
①ユニバーサル(Universal)
地形図を作成する際の位置の基準は、国際的なきまりに従っているということで、ユニバーサルを冠しています。
②横メルカトル図法(Transverse Mercator projection)
メルカトルは、メルカトル図法(正角円筒図法)を発表した地理学者です(和暦では関ヶ原の戦いの頃)。
この図法は、円筒で地球を覆うのですが、その関係は地球の地軸と円筒の中心軸(投影軸)が一致しており、投影された円筒を広げてみると経線と緯線は直線となって直交しています。
また、地球上の2地点を結ぶ航路が直線で表わされ、その方向線と経線のなす角度が常に一定(等角航路、航程線といいます。)であることから、海図として利用されてきました。
===
■ニュース:
★紙の博物館企画展「紙で旅するニッポン~九州・中国編~」
http://www.papermuseum.jp/
 期間:~03/05(日) 10:00-17:00(休:月・祝日は開館、祝日の翌平日)
 入場:大人:300円、小中高生:100円
 会場:紙の博物館(北区王子1-1-3,03-3916-2320)
---
★埼玉県立文書館地図コーナー展示 絵図から地図へ「城下町の近代化 -忍・川越・岩槻-」
http://www.monjo.spec.ed.jp/?page_id=185
期間:~03/05(日) 9:00-17:00(休:月・月末休館2/28)、入場:無料
会場:埼玉県立文書館1階展示室(さいたま市浦和区高砂4‐3‐18,048-865-0112)
---
★千代田区立日比谷図書文化館特別研究室 企画展示「日本統治期台湾の都市景観 ~遺された『火災保険特殊地図』より~」
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2905
 期間:~03/19(日) 平日10:00-20:00,土10:00-18:00,日祝10:00-16:00(休:2/26)
 入場:無料
 会場:千代田区立日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1番4号,03-3502-3340)
===
■地図中心2月号:特集「点の訪問記」(2/10発行)
http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html
日本経緯度原点の「地点」は測量法(施行令第2条)で定められています。
現在の施行令でこの「地点」は、「東京都港区麻布台二丁目十八番一地内日本経緯度原点金属標の十字の交点」となっていますが、平成13年までは、「東京都港区麻布台二丁目十八番一地内東京天文台子午環の中心点」でした。
日本経緯度原点の有る港区麻布台の地では、今から143年前の明治7年(1874)に、海軍水路寮が観象台を設けて、天文や気象の観測を開始しました。
その後、明治21年(1888)に文部省が海軍観象台を引き継ぎ、東京天文台が建設されました。
海軍観象台やそれを引継いだ東京天文台、それに国土地理院の前身である参謀本部陸地測量部などは、この地で、天体の観測や測量を行いました。
◇2月号特集内「日本経緯度原点に行ってみよう」(石原操)より
===
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!
□「富岡」
明治維新後、政府は外国と対等な立場を築くため、産業や科学技術の近代化を進めました。その資金を得るため、生糸の輸出に力を入れることとなり、明治5年(1872年)、群馬県南西部に富岡製糸場が建設されました。
ヨーロッパの技術と日本独自の工法が融合してできた世界最大規模の製糸工場でした。
2014年6月「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として世界文化遺産に登録されました。
===☆
*内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
===☆
発行・編集・問合先:(一財)日本地図センター(毎金発行)
ホームページ:http://www.jmc.or.jp
E-Mail:mailmagazine@jmc.or.jp
「メール地図中心」のお申し込みはこちらから。

ページトップへ戻る