トップページ > メール地図中心web版 > メール地図中心webバックナンバー

【メール地図中心】Vol.383 2017年2月10日
毎週金曜日発行の「メール地図中心」がウェブサイトでもご覧いただけるようになりました。
【目次】
■地図中心2月号:特集「点の訪問記」(2/10発行)
■ニュース:
★【地理文化講演会】-2月23日「富士山の日」記念-開催「富士山の見える限界の地を求めて30年~各地からの遠望富士と夢追う人びとのドラマ」
★「ぎゅっとぼうさい博2017」
★国立歴史民俗博物館国際展示「台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―」
★東京大学 海洋アライアンスイニシャチブ「小島嶼国研究会」主催シンポジウム「領土・領海と島嶼」
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):31面
■お知らせ
===
【内容】
■地図中心2月号:特集「点の訪問記」(2/10発行)
http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html
正しい地図をつくるためには、その地域の正しい位置・高さの値が必要である。そのため、全国に三角点と水準点が配置されている。
<中略>
関東地方測量部に勤務していた時は、他の地測には無い仕事があった。
経緯度原点と水準原点のお守り役である。
当時、経緯度原点は庁舎の直ぐ隣にあったので便利であった。
水準原点は旧陸軍参謀本部構内に造られているので、見学者があるとその度に鍵を持って現・憲政記念館構内へ出掛けた。
見学者との話し合い、これも懐かしい思い出である。
◇2月号特集内「基準点の思い出」(中村六郎)より
===
■ニュース:
★【地理文化講演会】-2月23日「富士山の日」記念-開催
http://www.jmc.or.jp/bunka17.html
 日時:2/23(木)18:00-20:00、入場:無料、申込:不要
 講師:田代博(日本地図センター常務理事)
 演題:「富士山の見える限界の地を求めて30年~各地からの遠望富士と夢追う人びとのドラマ」
 会場:日本地図センター1階会議室(目黒区青葉台4-9-6,03-3485-5417)
 内容:1月中旬、北限からの富士山撮影が新聞・テレビなどで報道されました(「毎日新聞」は「日本地図センターが発表した」と書いていました)。
講師は過去30年間、富士山の見える地域について調査・研究し、「証拠写真」の鑑定をしてきました。北限の富士の写真が撮られたことにより、富士山遠望の課題は基本的に解決しました。
これを機に「富士山の日」記念講演として、各地からの富士山遠望の経過、それにまつわる人間ドラマを、「富士山可視マップ」やお宝写真・映像等を使い、詳しくお話しします。
他では見ること、聞くことのできない「富士山の日」にふさわしい講演会です。
▼日本地図センターアクセス
http://www.jmc.or.jp/images/access.jpg
---
★「ぎゅっとぼうさい博2017」
http://gyuttobosai.jp/
 日時:2/18(土) 10:00-16:00、入場:無料
 会場:池袋サンシャインシティ文化会館2階展示ホールD(豊島区東池袋3丁目1)
---
★国立歴史民俗博物館国際展示「台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―」
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/index.html#special
 期間:~02/19(日) 9:30-16:30(休:月(祝日の場合は翌日))
 料金:一般:420円、高校・大学生:250円、小中学生:無料
 会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室B(佐倉市城内町117,043-486-0123)
---
★東京大学 海洋アライアンスイニシャチブ「小島嶼国研究会」主催シンポジウム「領土・領海と島嶼」
http://www.oa.u-tokyo.ac.jp/news/2016/12/001115.html
 期日:2/21(火) 13:30~、申込:不要
 会場:東京大学理学部小柴ホール(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_01_j.html)
 趣旨説明「海洋把握の変化と島嶼」全体モデレータ 杉本史子(東京大学教授)
 「竹島問題における島嶼の活用実態と領有権の主張」池内敏(名古屋大学教授)
 「統合される島嶼と排除される島嶼ー近代日本の島嶼統治の経験」高江洲昌哉(神奈川大学等非常勤講師)
 「国際法における領海・公海概念の歴史的変遷―18~19世紀を中心に」西本健太郎(東北大学准教授)
 総合討論司会 木村直也(立教大学特任教授)・杉本史子
===
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):31面
札幌北部,清田,国見温泉,笹谷峠,羽黒,八街,栗橋,三ヶ尻,横須賀,伊東,両津北部,両津,弥彦,越後湯沢,上野中山,富岡,鉢伏山,信濃池田,伊那和田,石徹白,野間,水口,大和大野,大原,瀬田,埴生,畝傍山,内畑,鳴門海峡,高松北部,廿日市
===☆
*内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
===☆
発行・編集・問合先:(一財)日本地図センター(毎金発行)
ホームページ:http://www.jmc.or.jp
E-Mail:mailmagazine@jmc.or.jp
「メール地図中心」のお申し込みはこちらから。

ページトップへ戻る