平成17年度定期大会のおしらせ


 

日本国際地図学会平成17年度定期大会を、下記の日程で開催致します。

定期大会ポスター(pdfファイル:663kb)が完成いたしました。学会員以外の方でも、自由に転載、印刷、配布していただいて結構です。ご利用下さい。


日本国際地図学会平成17年度定期大会プログラム pdf版(253kb)はこちらから 

開催場所: 首都大学東京(東京都立大学) 南大沢キャンパス 国際交流会館

        (東京都八王子市南大沢1-1) 京王相模原線・南大沢駅下車 徒歩10分

大会参加費: 

   普通会員・特別会員団体構成員:1,000円
   学生会員:500円
   非会員:2,000円(発表論文・資料集代を含む)
    ※ 地図・図書展示スペースのみの見学は無料

第1日 8月5日(金) 巡検:「地図によるリスクのビジュアライゼーションとマネージメント」

コース(貸切バス使用)

池袋集合(9:30)→日本気象協会→横浜(昼食)→海上保安庁横浜海上防災基地→海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球シミュレーター→東京駅(丸の内) (18:00頃) 宇宙開発研究機構(JAXAi)見学後解散

参加費:3,000円(バス交通費)
案内者:ハイパーメディア地図専門部会

   〜太田 弘(慶應義塾)・齊藤忠光(NPO法人市町村ネット)・今井健三(水路協会)

  詳細は「巡検案内」(pdf:47.5kb)参照

 

第2日 8月6日(土) 10:00〜18:00

10:00〜18:00  特別講演、研究発表、シンポジウム、ポスター発表:大会議室
10:00〜17:00  地図・図書展示:中会議室、メインホール
12:10〜12:40  評議員会:大会議室
18:30〜      懇親会:国際交流会館食堂    会費:4,000円

 

第3日 8月7日(日) 9:40〜17:30

  9:40〜17:30 研究発表、特別セッション:大会議室
10:00〜15:00 地図・図書展示:中会議室、メインホール

 

大会参加費、懇親会参加費は会場受付にて申し受けます。
巡検参加希望の方は、住所・氏名・連絡先(電話番号またはEメール)をご記入の上、ハガキ、FAX(03-3485-5593)、Eメールのいずれかで事務局宛に7月25日までにお申し込み下さい。参加費は当日申し受けます。

研究発表プログラム 

第2日 8月6日(土) 研究発表プログラム

(開始時刻)

シンポジウム:「地図によるリスク・マネジメント:安全の視覚化」

  主催:ハイパーメディア地図専門部会

  オーガナイザー: 太田 弘(慶應義塾普通部)・齊藤忠光(NPO法人市町村情報ネットワークセンター)

10:00

趣旨説明
10:10 S11 市民生活の防災安全の視覚化
:島 悟司(横浜市危機管理対策情報技術課)
10:30 S12 市民によるGISを用いたい安全・安心マップ
:小山浩子(横浜市立中和田南小学校PTA校外指導委員会)、太田 弘(慶應義塾)
10:50 S13 熊対策に用いるGISを用いた位置通報システムの開発
:楠部真也(NPO法人ピッキオ)
11:10 S14 「NHKスペシャル 63億人地図 データマップ」にみる地球の危機
:西山由美*、福井弘道(慶應義塾大学)
11:30  総 合 討 論
12:00 ポスター紹介
P01 GISによる日本の寺社分布の分析について 
:田上善夫(富山大学)
P02 地図閲覧サービスの立体視システムの開発
:藤村英範、鈴木福義、山本陽子*(国土地理院)
P03 迅速測図原図の幾何補正精度に関する研究
:長谷川裕之*、吉田幸子、小白井亮一(国土地理院)
P04 主題図地図画像のインタ−ネット公開
:清水雅行*、太田正孝(国土地理院)
P05 「数値地図5mメッシュ(標高)」の活用例
:門脇利広*、磯部民夫、太田正孝(国土地理院)
12:10 評議員会、昼休み
13:00 ポスター発表:コアタイム
13:30

特 別 講 演

  深海への挑戦

      :門馬大和(JAMSTEC:独立行政法人海洋研究開発機構

研究発表
14:30 001 英国地理教育におけるgraphicacy概念の成立と変遷
:志村 喬(上越教育大学)
14:50 002 大学生の地図意識に見る地図好きと地図嫌いの発生要因
:大西宏治*(富山大学)・志村 喬(上越教育大学)・田部俊充(日本女子大学)・寺本潔(愛知教育大学)
15:10  休 憩

シンポジウム:「GISと地図教育−学校教育においてGISは紙地図に代わり得るか?−」

  主催:学校GIS教育専門部会

  協力:教育GISフォーラム

  オーガナイザー:福田英樹(埼玉県飯能市立名栗中学校)・太田 弘(慶応義塾普通部)

15:20 趣旨説明
15:30 S21 学校教育における情報化とGIS活用の課題
:石塚耕治((財)地域開発研究所)
15:50 S22 学校教育においてGISは紙地図に代わり得るか?
:太田 弘(慶応義塾普通部)
16:10 S23 紙地図からGISへの連続性 
:秋本弘章(獨協大学)
16:30 S24 紙で始めるGIS教育−より実際的な学習活動と指導者教育に向けて−
:伊藤智章(静岡県立長泉高等学校)
16:50 S25 企業から見たGIS教育
:大島逸夫*、北川正巳、松田智子(パスコ)
17:10 S26 「電子国土」の教育利用
:根本正美*、久保紀重(国土地理院)
17:30  総 合 討 論
18:30  懇 親 会
第3日 8月7日(日) 研究発表プログラム
(開始時刻) 研究発表
9:40 003 海図データベースの考え方 -沖縄海図を事例として-
:伊藤 等(日本大学)
10:00 004 暗号化電子海図の提供方法について
:今井健三((財)日本水路協会)
10:20 005 電子海図におけるデータ整合審査
:山田 晃・三好久美子*(日本総合システム株式会社)
10:40  休 憩
研究発表
10:50 006 『山島方位記』による19世紀初頭の磁針偏角と伊能図の朝鮮の山々の解析
:辻本元博
11:10 007 世界最古のサンゴ礁図は、正保「琉球」国絵図か
:目崎茂和(南山大学)*・渡久地健((財)沖縄協会)
11:30 008 「二王座村絵図」にみる臼杵城下の地域構成
:川名 禎(國學院大学・非)
11:50 009 東京の旧版大縮尺地図とその利用について
:芳賀 啓(株V潮)
12:10 評議員会、昼休み
研究発表
13:10 010 正角図法の意義と利用法に関する考察
:政春尋志(国土地理院)
13:30 011 広島・長崎における三次元計測による被爆距離の視覚化
:竹崎嘉彦(中国書店)
13:50 012 市町村の変遷と基礎的自治体の区域に関する考察−平成の市町村大合併と基礎的自治体区域の課題−
:齊藤忠光(NPO法人市町村情報ネットワークセンター)
14:10 013 明治初期フランス人地図教育者ジュルダンとヴィエイヤ−ルについて
:細井将右(創価大学)
14:30 014 地図帳を用いた地理学習の課題と問題点
:中村 剛(日本大学第三中学高等学校・非)
14:50  休 憩

特別セッション:「ユビキタス・マッピングの可能性」

  主催:ユビキタス・マッピング専門部会

  コーディネーター:森田 喬(法政大学)・若林芳樹(首都大学東京)

15:00 SS1 歩道ネットワークデータベースを用いた道案内文のジオコーディング手法
:有川正俊*(東京大学),野秋浩三((株)NTTドコモ)
15:20 SS2 写真とラベルを対象としたユビキタスマッピング
:藤田秀之*,有川正俊(東京大学)
15:40 SS3 エゴセントリック地図と間接トラックバックを用いたウェブログ・マッピング
:林  徹*,有川正俊,瀬崎薫(東京大学)
16:00 SS4 女性と高齢者の空間的能力と地図利用
:若林芳樹(首都大学東京)
16:20 SS5 建築・都市の空間情報デザイン
:松本文夫(プランネット・アーキテクチャーズ)
16:40 SS6 ユビキタスマッピング研究の作業用基本的枠組み
:森田 喬(法政大学)
17:00  総 合 討 論

 

※平成16年度定期大会のようすについてはこちらから


  

  

過去の定期大会・シンポジウム・巡検リストへ