実体視の練習

実体視には、コツがいります。実体視が上手く出来ないという人は、まず、簡単な図形で練習してみましょう。


練習図形

上の図形を紙に印刷してください。

両方の図形の中間に、右図のように葉書大の紙を立て、真上から図形を見ます。目の力を抜いて遠いところをボンヤリと見るような気持ちで見ますと、両方の図形が真ん中によってきて、1つに重なりあうと、図形が浮かび上がって見えてきます。
練習しても、どうしても見えない、という場合には、実体鏡のご利用をお勧めします。

簡易実体鏡のページへ
戻る
copyright : Japan Map Center