トップページ > 地図展2015

地図展2015 開催決定 (このイベントは終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。)

開催日時

平成27年10月23日(金)~11月30日(月) 【終了いたしました】

会場

半蔵門線三越前駅(日本橋方面改札)と銀座線三越前駅(三越方面改札)の間の通路

【見学無料】

主催

●地図展推進協議会

【(一財)日本地図センター,(一社)全国測量設計業協会連合会,(公社)日本測量協会,(一社)地図協会,(公財)日本測量調査技術協会,(一社)地図調製技術協会,(一財)測量専門教育センター】

●NPO法人 全国街道交流会議

●名橋「日本橋」保存会

後援
国土交通省国土地理院, 海上保安庁, 関東地方整備局, 東京国道事務所, 中央区,中央区教育委員会,(公社)日本地理学会,(一社)人文地理学会,日本地図学会, 伊能忠敬研究会, 日本土地家屋調査士会連合会,(一財)日本水路協会,(一社)日本ウオーキング協会,(一社)東京都測量設計業協会
協賛

(公財)国土地理協会, (株)きもと, 共立航空撮影 (株), 国土地図 (株), (株)ゼンリン ,(株)中央ジオマチック

東京カートグラフィック (株), 内外地図 (株), 日本地図共販(株), (株) 武揚堂, (株)ぶよう堂
(株)エアロ・フォト・センター, NTT空間情報 (株)

特別協力
中央区観光協会, 東京大空襲・戦災資料センター
展示内容
「地図展」は、広く国民の皆様に地図をとおして国土や地域についての理解を深めていただくとともに、より一層地図に親しみ、地図を利用していただくことを目的としています。1967年の第1回地図展を東京で開催して以来、毎回テーマと会場都市を変えて開催しています。今回は 「首都東京1945」 と題し、70年前の東京の姿を地図と空中写真でご紹介します。
  昭和20年(1945年)の終戦から70年という時間が過ぎました。70年という月日が過ぎてもなお、私たちが知り得なかった現実や、埋もれていた事実が発掘されることに驚かされることがあります。
  今回の展示は米国国立公文書館所蔵の、主に1945年に米軍が撮影した貴重な空中写真が中心となっています。終戦前後の東京のありのままの様子をご覧ください。70年経った「今」だからこそ知ることができる真実が見えてくるかもしれません。
講演会のお知らせ

八重洲ブックセンター本店8階ギャラリーにて、東京大空襲と当時の地図や空中写真などをテーマにした講演会(参加費無料・事前登録なし)を開催します。地図展会場と併せてぜひご来場ください。

チラシ


地図展推進協議会事務局
(一財)日本地図センター 地図研究所 文化事業部 内
〒153-8522 東京都目黒区青葉台4-9-6 
E-mail:ken2@jmc.or.jp

Tel. 03-3485-5417
http://www.jmc.or.jp

ページトップへ戻る