製品情報

最新Ver
・1.0.1
価格
2500円

対応機種(動作確認済)
 ・iPad
 ・iPad mini
対応OS
 ・iOS 5.1 以降
 

日本地図センター
東京時層地図 プロモーションビデオ

iPad版

バナー(iPad版)

iPhone版

バナー(東京版)

iPhone版

バナー(横濱版)
App Store

機能

2画面表示
 iPadの画面を分割することで、異なる時代の地図,地形,航空写真を並べて表示することできます。

ブックマーク機能(SNS対応)
 地図上の任意の地点を登録することができます。登録した地点は、TwitterやFacebookに投稿することができ、位置情報とともに「時代」も共有できます。

地名検索機能
 Apple社が提供している地名検索機能を搭載しています。

GPS機能
 GPSを利用して、現在位置を表示します。受信しにくい場所でも、携帯電話の基地局やWi-Fiの位置情報などを使って大まかな位置を表示します。iPhoneを持って移動すると、それに合わせて地図上の目印も移動します。
* 表示地図の範囲外では、この機能は利用できません。

ヘディングアップ機能
 電子コンパスを用いて、自分の進行方向が上になるように地図が回転します。

地図切換え
 7つの時期(文明開化期、明治のおわり、関東地震直前、昭和戦前期、高度成長前夜、バブル期、現代)に航空写真や地形等を加えた10種類から選択します。また、各時期に作成された地図の詳細について解説があります。

凡例表示
 地図記号は、地形図の整備目的および社会状況によって、変化しています。明治時代の地形図は軍事用のため、地図記号には軍事行動に関係する事物について表現されています。 例えば、軍事行動に必要となる道路や橋といった交通の要衝については、詳細に描かれています。道路は国道、県道、里道、村道などに区分され、橋は鉄橋、石橋、木橋、釣橋、舟橋などに区分されています。 戦後は非軍事用として、軍事施設記号や時代にそぐわない記号は削除されました。これら各時期の地図記号を表示できます 。